茨城大学を去るにあたって

研究室卒業生の皆様へ

田武雄


 研究室卒業生の皆さまには、お元気でご活躍のこととお慶び申し上げます。

 昭和51年に茨城大学に赴任し、翌年(1977年)に研究室を設置致しましたが、それ以来電子回路を中心とした電子システムの研究に従事し、皆さまとともに研究活動を展開して参りました。平成10年9月、学長に就任することになり、研究室は塚元康輔君が引き継いでおります。塚元君の努力と気配りによって、研究室は活発に活動を続けております。現在の研究室は、日立キャンパスのほぼ中央にある総合研究棟8階の海側にあり、太平洋の絶景が見わたせる絶好の場所です。ご多忙のこととは思いますが、皆さんもぜひチャンスを見つけて研究室を訪問し、学生時代を思い出す一時を楽しんでいただくとよいでしょう。

 この3月末をもって、私が定年退職するに当たり、これまでの研究活動の総まとめとして、「研究論文集抄」を発刊致しました。研究室卒業生の皆さまに進呈したいと思い、塚元君の研究室に保管してもらっていますので、研究室を訪れた際にご希望でしたらお持ち下さい。すべての論文を集録することは量的に無理ですので、同じような課題の論文については、一方のみを掲載するような編集としましたので、皆さまとの共著論文で収録されないものがあるかもしれませんが、どうかお許し下さい。「研究論文集抄」の別ページにある「研究発表一覧」の中には全ての論文が記載してありますので、そちらでご確認下さいますよう、よろしくお願い致します。研究で労苦を共にした皆さん、ありがとうございました。

 話は変わりますが、研究室の卒業生同好有志によるゴルフコンペ「MIYATA CUP」についても、参加していただいたり、幹事を務めていただいた皆さん、ありがとうございました。私の大学退職を区切りとして、私の大会会長職と塚元君の事務局長職を辞任させていただきます。もちろん引き続いてゴルフを楽しみたいと思っていますが、MIYATA CUPの主催者としてではなく、自由な立場でプレーしたいと思っています。この点もご関係の皆さまのご了承をいただきたく、よろしくお願い致します。

 今年の4月からは、茨城県立産業技術短期大学校の学校長に就任する予定です。この学校は今年4月水戸市に開校するので、私が初代学校長ということになります。新しい職務に新しい気持ちで取り組みたいと思っております。

 皆さまと共に苦労したり楽しんだりした年月を振り返ると、皆さまへの感謝の気持ちで満たされます。皆さんに励まされつつ今日まで仕事を続けられたと考えています。大学を去るにあたり、改めて皆さんに厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。

 皆様には、どうぞくれぐれもご自愛の上、それぞれのお立場でご活躍くださいますようお祈り申し上げます。